妊娠中の口内トラブル知識(口内のネバネバについて)

投稿日:2016年3月10日

カテゴリ:未分類

患者様から妊娠中のお口のトラブルについて良く相談されます。
妊娠中はホルモンバランスの変化で、身体だけでは無く、お口の中も虫歯や歯周病などのお口のトラブルが起こりやすくなってしまいます。
今回は妊娠中に出る、良くあるトラブルで自分で出来るケア方法を紹介させて頂きたいと思います。

トラブル1 口内がネバネバする。

だ液の分泌が減り、プラークが増えることが原因です。
妊娠すると、だ液の分泌量が減ります。反対に、むし歯菌や歯周病菌は増えるため、それらの菌によってプラーク(歯垢)がたくさん作られ、口の中をネバネバさせるのです。
自分でできるケアの一つとして、だ液を増やす方法があります。まずはだ液のもととなる水分を多くとりましょう。
また、フレッシュな果物や、繊維質の多い野菜などを良く噛んで食べたり、キシリトールガムを噛む事でだ液の分泌が活発になります。
自覚症状のある人は是非試してみて下さい。

次回は妊娠中の「虫歯」についての知識を書かせて頂こうと思います。