詰め物・被せ物

歯の美しさを追求するための審美歯科治療

審美歯科

  • つめ物、かぶせ物が取れた、外れた
  • 前歯の隙間が気になる
  • 銀歯が目立つので口を大きく開けられない
  • 歯並びが悪いことを指摘された
  • 歯が欠けてしまったのでどうにかしたい

歯に関するこうした悩みを、セラミック(陶材)製の白いつめ物やかぶせ物によって解決し、自信の持てる歯をめざすのが当院の審美歯科治療です。

全体的なバランスを考えた、当院の審美歯科

審美歯科は、歯を白くすればそれで良いという治療ではなりません。歯と顔のバランスを考えて、白さやかたちを決めていかなければなりません。当院では、審美歯科治療を行う際に、次のような基準に従っています。

  • 歯の形

    歯の形それぞれの歯を調整し、理想的な歯並びをめざします。

  • 全体の調和

    全体の調和顔の中心ラインと歯並びのラインを合わせるようにします。

  • スマイルライン

    スマイルライン笑顔の決め手となる歯並びを、男女別で調整します。

  • 歯の特徴づけ

    歯の特徴づけ詰め物や被せ物を作るときは、天然の歯のように細かい凸凹を演出します。

  • 性別

    性別理想的な歯並びというのは男女で違います。各々に応じた形に仕上げます。

  • 肌の色

    肌の色歯だけが浮いた色にならないように、肌の色を考えながら決定します。

  • 年齢

    年齢年齢に応じた自然な歯並び・色に仕上げます。

  • 素材

    素材お口の状態に応じて理想的な素材を選びます。

  • バランス

    バランス歯並びや形を全体的に把握し、形を美しく整えていきます。

優れた歯科技工士の存在が審美歯科治療に欠かせません

歯科技工士

詰め物や被せ物は、歯科技工士という歯科医師とは違うプロによって作られています。というのも、セラミックや金属を歯の形に加工するためには特殊な技能や知識が必要だからです。審美歯科治療で使われている詰め物や被せ物は、天然の歯と見分けがつかないくらい精巧にできています。

歯科技工士の腕によって完成度が高くなるのは言うまでもないことです。詰め物や被せ物は人に見られるものなので、完成度の高さはとても重要です。当院では、技術力に定評のある歯科技工士と提携しています。

1人1人に適した素材をプロが提案

審美歯科保険治療で用いる詰め物や被せ物は、プラスチックや金属です。こうした素材は、歯を治すという点だけに注目しているので、見た目のことを考えられていません。

そこで、歯の見た目をきれいにしたいと望まれる方は、自由診療でしか使えない素材を選択していただく必要があります。

当院では、歯や口が持っている本来の機能を損なわないことを前提とし、長期間に渡る安定度や審美性、虫歯になりにくいこと、金属アレルギーの有無などを考え、患者様1人1人に適した素材を提案させていただきます。

予算に応じた無理のない素材を提案いたします

歯の見た目を考えた素材を使った治療は自由診療になるので、保険治療に比べると費用も高額です。ユアーズ歯科三郷パークフィールドクリニックでは、治療費も考えながら相談していただくことが可能です。見た目だけでなく、費用の点でも納得した上で治療を始められるので、患者さまにもご好評をいただいております。(治療費に関してはこちらから)

sample

美しさだけでなく、機能性を考慮した治療工程

審美歯科お口には、食事や会話といったさまざまな役割があります。からだがどれだけ栄養を取り込むことができるかは、どれくらい上手く噛めるかにかかっています。見た目の美しさばかりを考えるあまり、機能性を損なうことがあってはなりません。

噛み合わせが悪いと、口だけでなく、肩こりや頭痛、腰痛などの全身に生じるトラブルの原因ともなります。ですから、審美歯科は顔全体のバランスを考えながら進めていく必要がある治療なのです。

当院では、治療を行う前に細かなプランを立て、それに基づいて治療を行います。ここで、当院での治療工程をご紹介します。

  • 初期治療の徹底

    虫歯治療お口の中に虫歯や歯周病がある場合は先に治療を行います。お口の健康は美しさにとって欠かせないことです。

  • 拡大鏡を使った精密治療

    精密治療拡大鏡とは、術部を肉眼の数倍に拡大してみることのできる道具です。細かい部分も精密な治療ができます。

  • シリコンでの型取り

    シリコンでの型取り歯並びの型取りに使う印象剤は、人それぞれ違うお口の状況に合わせて適切な素材を選びます。

  • ワックスアップ(形成)

    ワックスアップ(形成)つめ物やかぶせ物を製作する前にシミュレーションを行い、全体をイメージしていきます。

  • 仮歯の精度向上

    仮歯の精度向上ワックスアップをもとにして作成した仮歯を装着し、バランス調整していきます。

  • 歯肉圧排で良適合の実現

    歯肉圧排で良適合の実現歯肉を押し下げた状態で型を取ることで、製作した補綴物と歯ぐきの隙間を極限まで無くすことができます。

三郷でつめ物やかぶせ物治療ならユアーズ歯科三郷

三郷でつめ物やかぶせ物治療

三郷にて、目立たない自然な詰め物や被せ物を作りたいという方は、ユアーズ歯科三郷パークフィールドクリニックにご相談ください。当院では、事前のシミュレーションや初期治療を徹底し、優れた技工士と連携することで、見た目だけではなく、機能性にも優れた補綴物をご提案いたします。